企業活動と医療機関等の関係の透明化

HOME > 企業活動と医療機関等の関係の透明化

カイロス株式会社は、様々な領域を通じて医療の発展に寄与していること、また高い倫理性を担保した上で 企業活動が行われていることについて広く理解を得るため、自社で「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」を定めています。それにより、事業活動に伴う医療機関・医療関係者等への資金提供実績の情報を公開します。


「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」

制定:2019年4月1日

カイロス株式会社は、「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」(以下「本指針」)を自社の指針として定め、当社グルーフの事業活動に伴う医療機関・医療関係者等への資金提供実績の情報を公開いたします。


1.指針策定にあたって

本指針策定にあたっては、日本医療機器産業連合会「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドラインの内容を十分検討した上で、当社の事業実態に即した指針として再構成いたしました。

2.目的

当社と医療機関・医療関係者等との関係の透明性及び信頼性を確保することにより、当社グループの事業活動が様々な領域を通じて、医療の発展に寄与していること、および企業活動は高い倫理性を担保した上で行われていることについて、広く理解を得ることを目的としています。

3.公開方法

カイロス株式会社のウェブサイトを通じて、年度の資金提供実績を当該年度の決算終了後適切な時期に公開いたします。

4.公開時期

2019年度分(2019年4月~2020年3月)を、2020年度より公開します。

5.公開対象


日本医療機器産業連合会

企業倫理・プロモーションコード・透明性ガイドライン : http://www.jfmda.gr.jp/promotioncode/