カイロスについて

HOME > カイロスについて > ごあいさつ

ごあいさつ

カイロス株式会社
代表取締役会長・医師
千葉敏雄

8Kスーパーハイビジョンの映像技術を応用した内視鏡ならびに顕微鏡を製品化するため、カイロス株式会社は設立されました。

「一人でも多くの命を救いたい」―。その思いから、医師や医療工学の企業・専門家による研究グループが動物実験や臨床評価の実証に着手したのは2013年のことです。そして3年後の2016年、世界最小で最軽量である450グラムの8K内視鏡(硬性)プロトタイプの開発に成功しました。

2017年9月、カイロスは更なる小型化の末、370グラムの8K医療用カメラを世界で初めて発売するに至りました。世界で初めて超高解像度の8Kを医療機器に生かした日本発の技術は、現在も時代の最先端を走っています。

8K医療は安全・安心の確保に加え、年々増大していく入院の経費など医療費全般の大幅な低減にも貢献できると考えております。

そして日本から世界の市場に向けて8K医療を普及させていくことにより、医療機器の輸入超過にある現状から脱却し日本経済に資することにもつながると確信しております。

今後も私たちの活動にご注目いただき、ご支援くださいますようお願い申し上げます。