2017年10月02日

SHARP70インチ8KテレビやIGZOパネルのVRHMDなどを展示!(週刊アスキー)

(抜粋)
第二種医療機器製造販売業を行なうカイロス社などと共同で、世界初の8K硬性内視鏡システムを構築。
医者は8Kのモニターを見ることで、これまで見ることができなかった微細な血管や神経まで確認することを可能にする。
また、一定時間に施せる手術件数を増やし、精緻な手術により術後患者のQOLが向上、内視鏡手術の比率増加で医療費高騰の抑制にも貢献しているとのこと。

週刊アスキー

その他のメディア情報