製品情報

HOME > 製品情報 > 8Kの優位性

8Kの優位性

2Kと8Kの比較特長

見えなかったものが、見える。

  • 8K超高精細画像は大型8Kディスプレイに近づいても画素構造が見えず、高い質感(臨場感・立体感・実物感)が得られます。

術野局所をリアルタイムに4倍デジタルズーム

4倍デジタルズームにより、術野局所の拡大表示が自在に行えます。

ブタ臓器の内視鏡画像

12-0縫合糸(φ1〜9μm)もはっきり確認できます。

ブタ臓器の2K内視鏡画像と8K内視鏡画像の比較

腸管吻合のため糸を結紮している場面です。糸の織りや臓器表面の微細血管が視認でき、手術器具先端の質感もリアルです。

8K医療によるメリット

8K医療がもたらす
病院経営への貢献。

広い手術空間の確保で、医療事故のリスクを軽減

カメラを患部に近づけなくても高画質が得られるので、術具の干渉リスクが低減します。術中の器具の交換も容易で、周囲の出血にも気づきやすく、術後患者のQOL向上に貢献します。

●医師を強力にサポートし、手術件数の増加の貢献
8Kの圧倒的な視覚情報は、若手医師の経験を補い、ベテラン医師の視力を強力にサポートします。 慢性的な外科医不足の解消や手術時間の短縮により、手術室の稼働率向上や全体の手術件数増加への寄与が見込めます。

●手術の記録映像は、医学教育に有用
先進的な手技や学術的価値の高い症例を8K超高解像度で詳細に記録することにより、医学教育の観点でも強力なツールになると期待されています。

●高い医療技術、先進性で高まる貴院の評価
8K医療を導入した先進性や話題性は、病院の評価向上や他の病院との差別化につながります。

8K解像度の優位性