経営陣

代表取締役会長 千葉 敏雄

1975年 東北大学医学部卒業
1978年 大阪大学蛋白質研究所
1984年 東北大学小児外科助手
1986年 米国ピッツバーグ大学小児外科 客員助教授
1992年 東北大学小児外科講師
1993年 同小児外科医局長
1997年 米国UCSF胎児治療センター客員助教授
1998年 同センター客員教授
2001年 国立成育医療センター特殊診療部部長
2010年 国立成育医療研究センター臨床研究センター副センター長
2012年 一般社団法人メディカル・イメージング・コンソーシアム理事長
2013年 東京大学大学院情報理工学系研究科教授
2015年 日本大学総合科学研究所教授
2016年 カイロス株式会社 取締役会長就任

医師・医学博士、専門は胎児外科、小児外科など。

代表取締役社長 上野 直樹

1971年 (株)理工新社入社、各種出版物の企画、編集、広告業務に従事。
1982年 (株)理工新社専務取締役を経て、光技術および光産業の普及・発展のため、(株) プトロニクス社を設立し代表取締役社長に就任、「月刊オプトロニクス」を発行(2016年9月に代表取締役会長に就任、現在に至る)。
1994年 「レーザーEXPO」その他の光関連展示会を企画・運営。
2010年 「メディカル・フォトニクス」(雑誌)を発刊。
2012年 光の国際会議Optics & Photonics International Congress(OPIC)を立ち上げ事務局長に就任、現在まで毎年4月にOPICを開催。同年、メディカル・イメージング・コンソーシアムを設立、事務局長に就任。
2016年 カイロス株式会社を設立し代表取締役社長に就任、現在に至る。

現在は毎年春に「メディカル&イメージングEXPO」を含む7つの専門展示会を束ねた光の総合展示会「OPIE」を、毎年秋に「光とレーザーの科学技術フェア」を主催。

取締役 山下 紘正

2007年 東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了
国立成育医療センター特殊診療部 臨床研究員
財団法人医療機器センター リサーチレジデント
2008年 東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻 助教
2010年 財団法人医療機器センター 流動研究員
独立行政法人国立成育医療研究センター臨床研究センター医療機器開発室研究員
2012年 法政大学理工学部 兼任講師
2013年 法政大学デザイン工学部 兼任講師
一般社団法人メディカル・イメージング・コンソーシアム 理事
独立行政法人 国立成育医療研究センター研究所医療機器開発部 研究員
2015年 日本大学総合科学研究所 准教授
日本大学大学院工学研究科 非常勤講師
2017年 カイロス株式会社研究開発本部 取締役

日本コンピュータ外科学会評議員、日本看護理工学会評議員・編集委員
専門は医用画像・手術ロボットなど
博士(情報理工学)

テクニカルアドバイザー

谷岡 健吉

1966年 NHK高知放送局入局
1976年 NHK放送技術研究所(NHK技研)に転じ、撮像デバイス用のアモルファスセレン系光導電膜の開発研究に従事
1985年 アモルファスセレン光導電膜のアバランシェ増倍(電子なだれ増倍)による感度増加現象を発見。これを基にHARP(ハープ)方式超高感度撮像管を発明
1989年 NHK技研映像デバイス研究部主任研究員
1993年 NHK技研イメージデバイス研究部主任研究員
1995年 NHK技研イメージデバイス研究部副部長
1997年 NHK技研(撮像デバイス)主任研究員
2000年 NHK技研(撮像デバイス)部長
2004年 NHK技研(放送デバイス)部長(局長級)
2006年 NHK技研所長(理事待遇)
2008年 NHK定年退職。NHK技研契約職員としてHARP方式撮像管や8Kスーパーハイビジョンの医学分野への応用研究を推進。高知工科大学客員教授
2011年 東京電機大学工学部客員教授
2012年 メディカル・イメージング・コンソーシアム副理事長
2013年 国立研究開発法人海洋研究開発機構招聘上席技術研究員
2015年 ニューヨーク州立ストーニーブルック大学放射線医学客員教授
2017年 ニューヨーク州立ストーニーブルック大学医学部研究教授(放射線学)

恩賜発明賞、Ovshinsky Lectureship Award 2016ほか受賞15件。映像情報メディア学会フェロー、名誉会員。博士(工学)(東北大学)。

小池 康博

1977年 慶應義塾大学工学部応用化学科卒業
1979年 慶應義塾大学大学院工学研究科修士課程修了
1982年 慶應義塾大学大学院工学研究科博士課程修了
1989年 米国ベル研究所訪問研究員
1997年 慶應義塾大学理工学部教授
2003年 東北大学客員教授
2007年 Honorary Doctorate of Eindhoven University of Technology
2009年 Affiliate Professor, University of Washington
2009年 慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュート 所長
慶應義塾評議員、現在に至る

メディカルアドバイザー

橋爪 誠

1979年 九州大学医学部卒業 同大第二外科入局
1998年 同大第二外科助教授
1999年 同大大学院医学系研究科災害救急医学教授
2003年 九州大学病院先端医工学診療部部長兼任
2006年 同病院救命救急センター長兼任
2010年 九州大学先端医療イノベーションセンター長兼任
2014年 九州大学主幹教授就任
2016年 九州大学多元計算解剖学国際研究センター長兼任

三宅 謙作

1966年 名古屋大学医学部卒業
1967年 名古屋大学医学部眼科学教室入局
1971年 名古屋大学医学部大学院修了 医学博士
1972年 三宅眼科副院長
1975年 医療法人湘山会眼科三宅病院院長
1990年 同上理事長
1994年 名古屋大学医学部非常勤講師
2003年 藤田保健衛生大学医学部客員教授

日本眼科医会 (理事、常任理事、副会長、会長)、日本眼科学会 (評議員、各種委員、名誉会員)、日本眼科手術学会 (理事、理事長、名誉会員)、日本白内障屈折手術学会 (理事、理事長、名誉会員)、日本眼炎症学会 (理事)、American Academy of Ophthalmology、American Society of Cataract and Refractive Surgery、International Intra-Ocular Implant Club (President)、Academia Ophthalmologica Internationalis (Chair ⅩⅩⅥ)

日本医師会最高優功賞受賞、アルコン医学賞受賞、日本眼科学会賞受賞、旭日中綬章受章等

森 俊幸

1980年 東北大学医学部卒業
1980年 虎ノ門病院外科レジデント
1984年 東京大学第一外科
1990年 埼玉医科大学総合医療センター
1991年 カリフォルニア大学サンフランシスコ校
1995年 杏林大学外科
2008年 同教授昇任(現職)

野田 徹

1986年 浜松医科大学卒業
1988年 慶應義塾大学病院眼科臨床研修終了
1990年 慶應義塾大学医学部眼科助手
1991年 国立東京第二病院眼科医員、東京女子医科大学眼科非常勤講師
1998年 国立病院東京医療センター眼科医長
2001年 国立病院東京医療センター臨床研究部視覚研究室長
2003年 同 臨床研究センターリハビリテーション研究部長
2007年 国立病院機構東京医療センター診療部眼科医長
東京医療保健大学大学院看護研究科臨床教授

瓶井 資弘

1988年 大阪大学医学部 卒業・眼科入局
1990年 国立大阪病院眼科 医員
1995年 大阪大学医学部眼科 助手
1996年 米国Cleveland Clinic, Cole眼研究所, Research Fellow
2000年 大阪大学医学部眼科 講師、京都府立医科大学眼科 講師
2002年 大阪大学医学部眼科 講師
2006年 大阪大学医学部眼科 助教授(2007年より准教授に名称変更)
2011年 大阪大学医学部付属病院 病院教授
2015年 愛知医科大学眼科 教授